推し連載を救え!電子版ジャンプ アンケートの投票方法

推し連載を救え!電子版ジャンプ アンケートの投票方法

漫画雑誌の危機

近年漫画業界の不況が嘆かれています。

要因としてまず挙げられるのは、単純に新規購入層を獲得できていないことでしょう。

この背景には日本の少子化問題が挙げられ、少年漫画の本来のターゲットである10代の子供たちの数がそもそも減少傾向にあることがあげられます。

他に大きな要因として、漫画村などを代表とする違法アップロードの被害ではないでしょうか。

こういった違法閲覧方法があまりにも広く知れ渡ったため、それが違法という感性を持たず「漫画=無料で読める」と思っている若年層が増えているのかもしれません。

また、事実無料であるSNS漫画やアプリ漫画などの台頭もあり、漫画=無料で読むものという認識に拍車が掛かっているのかもしれません。

この現状を受け、間接的な被害を受けている(と感じている)のは、今回とりあげる週刊少年ジャンプの「新連載」です。

 

ジャンプのアンケート至上主義

少年漫画の代名詞、週刊少年ジャンプといえば、詳しい読者の方は知っているかもしれませんが、ジャンプにはアンケートシステムというものが存在します。

ジャンプ本誌には必ずアンケートハガキが同封されていて、懸賞などで送るときのアンケートに

「今号で面白かったもの3つを面白かった順に選択してください」

という回答欄があります。

これにより、アンケート1件につき3つの作品に投票できます。

そしてこのアンケートの投票数で、次号のジャンプの掲載順が決まります。

つまりジャンプの掲載順は適当だったり順番ではなく、前号のアンケート獲得数の順位で並んでいるということです。

そしてアンケート順位の芳しくない(掲載順位の低い)作品から打ち切りとなるのです。

もちろんアンケートを入れるのは当然「面白かった作品」「好きな作品」「応援している作品」でしょうから、言い換えれば「作品の人気投票」であると言えます。

人気のない作品から打ち切られるというのは、考えてみれば当然ですよね。

 

育たない新連載

現在のジャンプと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

多くの人は「ジャンプといえばONE PIECE」「色々終わった」「今なにやってるのかわからない」

中には「もうオワコン」と読んでる人も多いかもしれません。

事実、大人気国民的漫画である「ONE PIECE」の柱こそあるものの、かつて名を馳せたジャンプの看板連載はその殆どが連載を終了しました。

相変わらず休載中の「HUNTER×HUNTER」を除けば、ONE PIECEの次に連載期間の長い作品は『ハイキュー』(2012年連載開始)、次いで『僕のヒーローアカデミア』(2014年連載開始)。

ちなみに現連載中の掲載期間は

 

ブラッククローバー(2015年)

ゆらぎ荘の幽奈さん(2016年)

鬼滅の刃(2016年)

約束のネバーランド(2016年)

ぼくたちは勉強ができない(2017年)

Dr.STONE(2017年)

アクタージュ act-age(2018年)

呪術廻戦(2018年)

チェンソーマン(2019年)

 

そして現在の新連載6本

「最後の西遊記」「神緒ゆいは髪を結い」「サムライ8 八丸伝」「ふたりの太星」「ビーストチルドレン」「トーキョー忍スクワッド」

ここで最新号の掲載順を見てみましょう。

見事に下に固まっています。

もちろん新連載ですので、その殆どは新人の連載漫画家ということになり、連載を維持するのは容易なことではありません。

(今回の中には連載経験者が多いですが)

事実連載スタートしたものの、鳴かず飛ばずで打ち切られる漫画は少なくなく、むしろ大半がその運命を辿ります。

漫画の実力的に打ち切りになるのは、これは仕方がないことです。

ですが、実力があるのに(アンケートで)評価されず打ち切られてしまうケースもしばしばあります。

この問題を解決するにはどうすればいいのでしょうか。

 

簡単です。今までアンケートを送っていなかったあなたが、好きな作品にアンケートを投票するだけです。

 

 

電子版への移行

ではジャンプ読者のみなさん、アンケートは実際に投票しているでしょうか?

アンケートの投票の仕方は、通常のハガキを送るのと同じで、ジャンプ本誌から切り取ったアンケートハガキに要項を記入し、切手を購入し、貼り付けてポストに投函するだけです。

ぶっちゃけ、めんどくさくないですか?

雑誌が廃れ、情報媒体がほとんどデジタルになった現在、こういったアナログな行為はひどく億劫に感じてしまいます。

しかしジャンプは2014年から電子版の配信(販売)を始め、電子版に移行する読者も増えてきています。

では電子版のジャンプを購入した場合、アンケートを投票することはできるのか?

答えはイエスです。電子版ジャンプ購入者にもアンケート投票権があります。

それも、切手を買ってポストに入れる、なんて面倒もなく、ポチポチと数タップで済む簡単なものになりました。

つまりこの記事で私が言いたいことは

「電子版のアンケートは簡単だからみんな送ろうぜ」

ということです。

 

電子版ジャンプのアンケート送信方法

先程簡単とは言いましたが、ドンと目立つところに投票ページへのリンクはなく、実際私も探し回りました。

実際「電子版ジャンプ アンケート」で検索すると、おそらくトップには少年ジャンプ+(電子版ジャンプ)のヘルプページがヒットするはずです。

そこのQ&Aにはこのようにあります。

読者アンケートはできますか?

週刊少年ジャンプ購入者様はiOSアプリ版/Androidアプリ版限定で、電子版の読者アンケートにお答えいただけます。
Windows版アプリ/ブラウザ版ではアンケートを行っておりませんのでご了承くださいませ。
なお、Windows版アプリ/ブラウザ版で購入されたお客様も、iOSアプリ版/Androidアプリ版でサインインいただければ電子版読者アンケートにお答えいただけます。

引用:少年ジャンプ+ ヘルプ

ここに書いてあるとおり、ブラウザ版からはアンケートを送ることができません。

しかしアプリ版から投票できることはわかりますが、実際どこから投票できるかは詳しく書いてありません。

そこで実際の手順を紹介したいと思います。

まずジャンプのアプリですが、アプリストアなどで「ジャンプ」と検索すると、恐らく2つの公式アプリがヒットします。

一つはジャンプ+のアプリ

もう一つはジャンプBOOKストアのアプリです。

 

どちらからでもジャンプを購入し、読むことができます。

しかしアンケートを送ることができるのは、ジャンプ+のアプリです。

ジャンプBOOKストアから読んでいる人は、ジャンプ+のアプリもインストールしておきましょう。

同じアカウントでログインできるので、ジャンプBOOKストアで購入しても、ジャンプ+のアプリで読むことができます。

 

ではさっそく、手順を紹介します。

ジャンプ+アプリを開き、下メニューの「少年ジャンプ」をタップする

 

「詳しく見る」をタップする

 

「読者アンケートに答える」ボタンをタップする

 

 

これでアンケート投票画面に行くことができます。

あとは好きな作品3つと簡単なアンケート、欲しい懸賞を入力するだけです。

簡単ですよね。

 

『推し連載』を救おう

事実、面白くない連載というのは残念ですがあります。

しかし、(自分は)面白いと思うのに評価されていない作品や、もう少しで面白くなりそうと期待している作品。

これらが日の目を見ることなく打ち切られてしまうのは悲しいですよね。

しかしジャンプはこの伝統のアンケートシステムがあるので、購入者であるあなたは好きな作品を支える権利があります。

もしこのアンケート投票という権利を放棄していたのだとしたら、もったいないです。

好きな作品が打ち切られて残念だという覚えがある人は、是非今後はアンケートを投票し、好きな作品を生かす行動を始めてみませんか?

OTAKUHACKコンテンツカテゴリの最新記事