ぶつかり合って知る、新しいVIVIDな世界で【ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 9話感想】

同好会の課題

今回の9話『仲間でライバル』では、再結成し順調に知名度を上げていった同好会の、現状の課題について取り上げられました。

 

せつ菜が言っていた

「同好会としての私達は、まだ何も成し遂げていない」

各ソロスクールアイドルではなく、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」としての実績は、まだ何もないということです。

 

そこに訪れた好機、ダイバーフェスへの参加。

ステージに立つのは一人でも、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」として出場するため、同好会の実績を積むまたとない機会です。

 

ここでぶつかる、今回描かれた課題は、ズバリ「メンバー間で本気になれるか」でしょう。

 

かつてお互いの気持ちをぶつけ合った本気系スクールアイドル・優木せつ菜を始め、同好会の面々は「出場する一人」を決められずにいました。

失敗の経験がある分、衝突が怖くなり、消極的になっています。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会公式

そこに切り込むのが今回の主役、果林です。

果林の言い分は相変わらずドライですが、概ね正論ですよね。

 

 

孤軍奮闘、朝香果林

綾小路姫乃が、「スクールアイドルの出場校枠」として虹ヶ咲を推薦した意味も、おそらく果林だけが感じ取っていました。

それは今回のタイトルにもある通り「仲間でライバル」だという認識です。

 

ダイバーフェスに出場して知名度を上げたいのであれば、出場が決まった東雲と藤黄だけで出ればいい筈です。

しかし(遥は姉への好意かもしれませんが)、姫乃は虹ヶ咲を推薦しました。

それは自分たちの知名度を上げるだけでなく、ダイバーフェスという大きなイベントで、アウェーである「スクールアイドルの魅力」をもっと広げるため、魅力的な戦力を集めたということです。

 

つまりスクールアイドルとして、ライバルの他校であっても、同じスクールアイドルの仲間として、このフェスに挑まないか、という誘いです。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会公式

果林だけがこの真意に気づいていたのは、果林だけが同好会の中でこの意識があったからでしょう。

自分でも言っている通り、同好会の皆が気が抜けないライバルだという意識です。

しかし逆に言えば、果林が持っていたのは「ライバル意識」だけでした。

だけではないかもですが、仲間意識よりは遥かにライバル意識の方が高かったでしょう。

そしてそれは、間違いなく同好会に足りていない要素でした。

 

 

 

ぶつかり、認め、励まし、支え合う

今回の果林回、公式カプ扱いのエマは当然のことながら、せつ菜との絡みが多いですよね。

おそらく果林が持つバチバチのライバル意識と、アツい本気に近いものを持っているのがせつ菜だからで、そして果林が一番意識して認めていたのがせつ菜だったからでしょう。

スクールアイドルとして日が浅い果林にとって、自分の中で「スクールアイドルといえば優木せつ菜」ぐらいの認識でいたはずです。

ブロマイド売り場でも、せつ菜のグッズがあって当然みたいな聞き方でしたよね。

 

せつ菜はもちろん、同好会を解散させてしまったという経験から、責任を感じすぎている面もあったでしょう。

しかし果林に触発され、出場メンバーを決める話し合いをすぐに行うあたり、彼女の「本気」部分もヒートアップ。

果林の本気はせつ菜だけでなく、他のメンバーにも伝わっており、出場はおそらく満場一致で果林への投票でしょう。

 

ダイバーフェスの予想以上の盛り上がりに、怖じ気ずく果林。

みんなに囲まれて、「ビビってるだけ」なんて素直に弱音を吐けるあたり、成長してますよね。

加入前の果林なら逆に、弱音を吐露することを避けたはずです。

 

「なんで、そんなに優しいのよ…」

果林にはわからなかったんです。

ライバル意識の低い皆にきつくあたり、出場を勝ち取っておきながら直前で怖じけ付く。

こんなダサい奴に優しいのはおかしいですよね。

 

しかし果林の本気に触発されたメンバーは、逆に果林にないものを持っていたが故、すでにその意識を持っていました。

「ライバルだけど、仲間」

出場枠を競い合うライバルではありますが、出場が決まったメンバーを支えて励まし合う仲間でもあるんです。

 

「わかるでしょ?そんなの聞かなくたってさ」

 

仲間だもんね。

 

アウェーの観客席を自分色に染め上げる堂々としたパフォーマンス。

マジでかっこええ……。

果林になかった仲間意識と、皆になかったライバル意識。

それぞれを手に入れた同好会、果林が見る景色は、もっとVIVIDな世界になるでしょう。

 

ファンで、マネージャーで、サポーターで…

果林を見送るメンバーの中で、唯一舞台裏ではなく観客席へと走る高咲侑。

「ちゃんと果林さんを応援したいんだ」

スクールアイドルへの正しい「応援」の形が、観客席のファンだということを理解しているんですね。

スクールアイドルではない、侑ならではの発想です。

 

果林のステージを意味深な顔で見つめる侑。

客席で見た、自分がサポートしてきたアイドルのステージに何を想うのか――。

 

 

 

まとめ

次回は一番楽しみな「高咲侑」回かなと思いきや、全員の当番回を終えた10話はなんと合宿回でした。

同好会の課題をクリアし、合宿でなにか大きな目標も決まりそうなので、もう一度見えるかもしれませんね。「ラブライブ!」に。

 

 

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会感想記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事