8月29日、『週刊少年ジャンプ』で現役連載中の作品『アンデッドアンラック』のTVアニメ化が発表された。

世界の理を否定する「否定者」達による能力バトルを軸に、壮大な世界観と謎を呼ぶ秀逸な考察、ロマンチックな恋愛観を見せる一面もあり、様々な楽しみ方ができる作品となっている。

アニメ化決定と共にティザービジュアルと制作・企画スタッフが発表された。

© 戸塚慶文/集英社・アンデッドアンラック製作委員会

アニメーション制作を手掛けるのは『炎炎ノ消防隊』『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズを手掛ける『david production』。
企画プロデュースを手掛けるのは、制作会社『トムス・エンタテインメント』による新プロジェクト『UNLIMITED PRODUCE by TMS』として行う。

 

アンデッドアンラックのあらすじ

上位存在「神」によって世界の理を否定された者たち――『否定者』。
『運』の否定者"UNLUCK"の出雲風子は、触れた相手に不運を与えるという体質のせいで日常生活もままならず橋から飛び降り自殺を計画。
そこに現れたゾンビこと『死』の否定者"UNDEAD"のアンディと出会う。

自らの死を求めていたアンディは、風子の不運の能力で死ねるか試みるが、不運は「相手への好感度で変化する」ため、最大の不運を受けるために風子に好かれる必要があった。
風子も不運体質のせいで誰とも触れ合えなかった人生で、初めて気兼ねなく触れ合える不死男と出会い、次第に心惹かれていくようになる。

これは不死と不運の出会いから"最高の死"を目指す物語――。

 

アンデッドアンラック原作情報

2022年8月現在、単行本12巻発売中!
2022年9月2日、最新13巻発売予定。




今だけ無料!

TVアニメ化を記念して、集英社公式アプリ『少年ジャンプ+』と『ゼブラック』にて、第3巻まで無料配信中!
無料期間は9月16日まで!!

▶少年ジャンプ+で『アンデッドアンラック』を無料で読む

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事