【やれやれだわ】ジョジョ6部「ストーンオーシャン」待望のアニメ化決定ィィッ!!

4月4日に開催されたオンラインイベント、「ジョジョの奇妙な冒険 The Animation Special Event ~ジョースター 受け継がれる魂~」にて、ジョジョTVアニメシリーズの最新作となる第6部「ストーンオーシャン」の制作が発表されました。

当イベントにはこれまでのシリーズ5部作の主人公「ジョジョ」たちの担当声優が登壇する豪華イベントとなりました。

そこで次なるシリーズ第6部のアニメ化決定のPV放送と、6部主人公の空条徐倫役「ファイルーズあい」さんのサプライズ登壇が行われました。

 

ジョジョ6部アニメ化制作決定PV

 

 

 

ジョジョ6部「ストーンオーシャン」はどんな物語?

第6部は、これまでTVアニメ化してきたジョジョシリーズ第5部までの「ジョースター一族」の血統、その継承の物語の区切りとなる作品といえます。

また特徴的な違いとして、主人公の空条徐倫は第3部主人公の空条承太郎の娘であり、シリーズ初の女性主人公であること。

しかしこれまでの主人公ジョジョに負けず、いや他の誰よりも熱い正義の心・ジョースター魂を宿していると言えます。

さらに、石で囲まれた刑務所で繰り広げられる物語で、徐倫と運命を共にする仲間も女性3人と、これまでのシリーズでは類を見ないガールズチームとなります。

 

ジョナサンとDIO、継承されてきた物語に終止符を打つ物語、是非TVアニメでお楽しみください!

 

 

 

空条徐倫役ファイルーズあいさんはどんな人?

今イベント・PV内で主人公空条徐倫役を務める担当声優が「ファイルーズあい」さんに決定しました。

ファイルーズさんはエジプト人の父と日本人の母を持ち、プロ・フィット所属で、2019年から声優活動に取り組んでいます。

代表作は「ダンベル何キロ持てる?」の紗倉ひびき役、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」えりぴよ役、「トロピカル〜ジュ!プリキュア」夏海まなつ / キュアサマー役など。

 

自身の「ジョジョ」エピソードとして、中学校に馴染めずにいたときに好きだった漫画「ジョジョ6部」のファンになり、Skype上で行われていたファン同士の交流に参加し、そこで朗読や演技をするうちに声優を志すようになった、というまさにジョジョと徐倫に運命を定められた人物といえます。

ジョジョ3部から続く担当声優「小野」縛りから、徐倫役の声優を予想する声もありましたが、PVの最後では「納得」の「やれやれだわ」という徐倫のセリフが収録されています。

 

また、公式ティザーサイトではファイルーズあいさんのコメントが掲載されています。

 

「ジョジョの奇妙な冒険」は私が声優を目指したきっかけであり、私の人生にはなくてはならないとても大切な作品なので、出演させて頂けることを知った時はまさに「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃」というか…本当に言葉が出てこなくて、12年間追い続けていた夢が叶ったことの喜びで涙が止まりませんでした。

特に学生時代に、徐倫の強く美しい姿を見てたくさんの勇気をもらっていたので、そんな大好きで1番の憧れである徐倫を演じる機会を頂けて、本当に言葉では形容できないほど感謝の思いでいっぱいです。

空条徐倫は私が今まで出会った中で、世界一勇敢で美しくて強くて愛情深い、素晴らしい人間です。12年前から彼女に対する憧れの気持ちは変わっていません。そんな彼女と一緒に奇妙な冒険ができることが本当に嬉しいですし、私もアフレコを通じて、徐倫のような『スゴ味』を身につけられるように、命を込めて演技させて頂きます。

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事